リスティング広告を自社運用することを検討するときに、一度は検討されることが自動入札ツールを導入しての運用です。

リスティング広告の自動入札ツールといえば、

  • GoogleやYahoo!に標準搭載されているコンバージョンオプティマイザー、入札戦略
  • MarinやKenshooなどをはじめとした海外産の自動入札ツール
  • THREeなどの国内産の自動入札ツール

というものがあげられます。

媒体側に標準搭載されている自動入札ツールは無料で使えますが、そのかわり、使用している広告媒体だけにしか使えません。他の企業が提供する自動入札ツールは媒体をまたいで使えますが、その代わり基本的には有料となります。

自社運用をする場合は、人が足りない部分を自動入札ツールで代用するという考えになるわけですが、自動入札ツールを導入してみても、効果がよくなかったということもあります。

最近はAIの話題や技術の向上で自動入札ツールもよくなっているはずなのに、導入してもイマイチという声があります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

結論からいえば、「自動入札ツールの効果が発揮できる環境になっていない」からです。

自動入札ツールが成果を出すために必要なもの

よくある勘違いとして、自動入札ツールを使えば、「運用の工数が減って、効果も劇的に改善する」というものがありますが、単純に自動入札ツールを導入するだけでは、効果は出ません。逆にいままでよりも悪化する可能性があります。

自動入札ツールというのは、ツール側が過去のデータを元に最適な入札単価や入札対象を決めます。

ここで重要なのが過去のデータになります。リスティング広告で過去に運用した結果が悪いものであれば、どんなにすぐれた自動入札ツールであっても、いい結果をだすことはできません。

代理店運用や自社運用をしている場合、効果をよりあげるために自動入札ツールを導入を検討する場合は、今までの運用の結果が自社が望む結果とかけ離れている場合は、劇的に効果が改善することは望めません。

無理やり自動入札ツールに運用をさせるよりも、まずは過去のデータからアカウント再構築をして、適切なアカウントの状況にしてから、自動入札ツールを導入するべきです。

自動入札ツールは非常に優秀で、運用の手間を省いてくれるものですが、自動入札ツールに任せればなんでもうまくいくわけではなく、まずは人間がきちんとした結果の出る運用をすることが必要になります。

そのために必要になるのが「アカウント設計」になります。

データをただ貯めればいいのではなく、どのようにデータを貯めるのかが大事であり、またデータを貯めるにも、ツールごとにクセがあるので、ツールのことを理解した上で、どうやって勉強をさせてあげればいいのか?を追求していくとうまくいきます。

これがきちんとできていれば、自動入札ツールも問題なく導入することもできます。

LINEで送る
email this
Pocket