リスティング広告を広告代理店に頼まずに、自社で運用をしたいと考える相談を受けることが増えています。

もしくは、広告代理店に頼みたくても、金額が数万円で受けてもらえなかった、数キーワードだけ試しに出してみたいけど、自分ではやり方がわからないから、自分でリスティング広告を出す方法を知りたいという要望もあります。

企業の大小を問わず、代理店を介さずに自社で運用をしてノウハウを貯めたい、コストを下げたいという思いがあり、自分でやろうという考えになっているようです。

自分でリスティング広告を運用するメリットとしてよくあげられるのは、

①コスト
②ノウハウが貯まる
③対応のスピードアップ

このあたりですが、このメリットを本当に活かすことができているのか?は、不明です。

そもそも、自分たちで運用すればが3つのメリットを、すべて手にできるわけではありません。

例えば、①コストに関しては、通常、リスティング広告の代理店に支払うマージンは20%ですので、300万円ぐらい月間で使う広告主でない限り、あまりコスト面でのメリットはないと思われます。それにリスティング広告に300万円も使える企業は限られているので、コスト面だけでインハウスを考えるのは難しいでしょう。

②ノウハウに関してはどうでしょうか?

自社で運用をすることでノウハウは確かに社内に貯まります。ただし、気をつけないといけないのは、ノウハウを共有化する仕組みを社内に作っておくことです。

共有する仕組みを作っておかないと、運用担当者にすべてのノウハウがたまり、その担当者がやめてしまった段階で今まで貯めたノウハウがパーになるということも考えられます。

③対応のスピードアップという点に関しては、関係者が少なくなるのでダイレクトに運用者に指示を出すことができるので迅速に対応することは可能になります。

ただし、ダイレクトに運用者に指示を出せることで、運用者に過度の負担をかけてしまうこともあるので要注意です。

ダイレクトに指示を出せる環境にあるからといって、あれもこれもと指示を出し続けると、運用者は対応しきれなくなりパンクしてしまうことにもなりかねません。そうすると、担当者がやめてしまうなどの原因にもなりますので、バランスをとることが必要になります。

自分ですることでスピードアップやノウハウを貯めるなどのメリットはある反面、そのメリットを活かすための体制づくりが大事になります。